てんかんにラメズ通販

ラメズは、グラクソ・スミスクライン社が販売しているてんかん・躁うつ(双極性障害)治療薬ラミクタールのジェネリック医薬品です。当サイトではてんかん治療に用いられるラメズをはじめ、通販で購入できるてんかん治療薬についてご紹介していきます。

抗てんかん薬や双極性障害の治療薬としてのラメズ

ラメズは、抗てんかん薬や双極性障害の治療薬として製造されているものであり、この分野ではいわゆるジェネリック医薬品とよばれるものにあたります。ジェネリック医薬品は、先行して製造販売された医薬品が特許切れとなった後で、別のメーカーが同一の有効成分をもって製造販売をする後発の医薬品ということになります。
てんかんは、脳内の神経細胞が異常に興奮状態におちいったため、けいれん発作や意識障害といった症状を呈する病気であり、これには一般的に抗てんかん薬を投与するほか、一部にケトン食などの食事療法も有効であるとされています。とくに、てんかんに特有の発作として、大発作、強直間代発作とよばれるものがあり、これは意識がなくなり身体が硬直したままになる症状と、手足がけいれんして規則的にバタバタする動きを繰り返す症状があわさったもので、患者自身はそのまま眠ってしまうため、この発作のときのようすは覚えていないということも多いものですが、ひじょうに大げさな動作をともなうため、何も知らない周囲の人をかなり驚かせるものです。てんかんの発作にはこのほかにもさまざまなタイプがあるのですが、強直間代発作の発現を抑制する上では、このラメズのような抗てんかん薬を投与することがきわめて有効となります。
ラメズにはまた、双極性障害の治療薬としての側面もあります。双極性障害は、気分がハイになる躁の状態と、気分がふさぎがちになるうつの状態を繰り返すという精神症状に特徴がある病気で、こうした状態のことを気分エピソードとよんでいますが、ラメズの脳の興奮をしずめるというはたらきにより、気分エピソードの発現についても予防することが可能となっています。