てんかんにラメズ通販

ラメズは、グラクソ・スミスクライン社が販売しているてんかん・躁うつ(双極性障害)治療薬ラミクタールのジェネリック医薬品です。当サイトではてんかん治療に用いられるラメズをはじめ、通販で購入できるてんかん治療薬についてご紹介していきます。

発達遅延の専門医が使うお薬のラメズを調べよう!

ラメズというお薬をご存じでしょうか。ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品にあたる薬でてんかんや躁うつ(双極性障害)の治療薬です。ラメズは重度の発達遅延の患者に用いられるもので薬疹がでやすいのが特徴とされています。投与はゆっくりと増やしていくようです。もともと発達遅延などをお持ちの方は、環境の変化や身体的な病気がもとで脳炎など脳症をおこしやすいことも報告されています。発達遅延をおこす年齢を考えると、多くの方は幼少時期であり一般的には脳は脆弱性がある時期です。発達遅延をみることができる専門医(精神科医)は国内にはほとんどいないとの報告もあります。昔は発達遅延はイコール自閉症などとも考えられていましたが、中には言語の発育とか知能障害のない自閉症もあり、一症例をアスペルガー症候群と名付けていました。発達障害という言葉がでると、診療を断ることもあったようです。また専門医ではないことを理由に、そんなことは気にされなくても問題はないと患者をみていない医師も存在していたようです。発達遅延と関係する疾患には、自閉症以外には注意欠陥多動性障害や学習障害、発達性言語障害、発達性協調運動障害などに分類されるようです。いまだ専門医はそれほど多く存在しませんが、ネット検索から得られる情報では大人や子供の発達遅延外来、発達障害外来をされている医療機関もあるようですし、専門医を探す手段となるでしょう。主な治療方法としては、ラメズなどの投薬治療があります。短期間での治療ではなく1年以上に渡り根気をもって治癒にあたらないといけません。発達遅延の患者の特徴は、情緒不安定であったり奇妙な行動や行為、衝動的な行動、ストレスに弱いなど心理的または身体的の弱さがめだちます。専門医となる医師をうまくさがし、精神的にも心理的にも解決方法を模索しながら継続治療する必要があります。